吉田華正 「ガラス茶碗蒔絵教室と近作展」

2020/06/09 (火)

竹林蒔絵ガラス水指

吉田華正 「ガラス茶碗蒔絵教室と近作展」




近作展 2020.7日(火)~13日(月)

            
            (10:00~17:00)


ガラス茶碗蒔絵体験教室 11日(土)~13日(月)

            
            (①10:00~   ②14:00~ )


            (1回限定7名様 所要時間:1時間30~2時間)


料 金:15,000円


教 材:アデリア製(日本製)耐熱ガラス 平茶碗 直径14.5cm×高さ6.0cm 化粧箱入り
下処理:華正工房にてプライマー熱処理済み 材料:天然漆,金粉,金銀箔,青貝

※用意するもの 暑い時期ですが、漆を使用しますので長袖やエプロン等ご準備ください
 申込方法:お電話・FAXまたはホームページのお問い合わせよりお申し込みください
 電話022-222-6710  FAX022‐222-6722

ごあいさつ

「うるし」の道に入り60年余経過しました。益々漆の奥の深さ・魅力に入れ込んでいます。
日本の花鳥風月、古典から学んだ私なりの職人の仕事、そして私が考案した漆茶盌(抹茶茶わん)、柄杓が落ちない漆建水などの機能的な茶の湯道具をご高覧下されば幸いです。
昨今、「うるし」は地球環境に優しい素材として注目され、
単に器に塗る優れた塗料だけでなく、 薬や食材として様々な製品が研究・開発され普及しつつあります。
今後とも「うるし」の可能性を追求し、チャレンジしてまいります。
ご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
                                漆芸 吉田華正

吉田華正 略歴

1940年 蒔絵師の長男として生まれる、 本名 利昭
1990年 全国漆器展日本放送協会会長賞受賞
1993年 日本伝統工芸石川支部展日本工芸会賞受賞
1994年 山中町文化財調査委員となる
1998年 通産大臣認定資格伝統工芸士に認定
2004年 平成16年度山中町産業功労賞受賞
2007年 平成19年度石川県伝続産業優秀技術者受賞
全国の三越各店にて個展開催